リサイクルの季節がやってきました

3月4月は、就職、転職、転勤、進学など、新しい環境におかれる人も多い時期です。
引越しをする人もあれば、部屋の模様替えで心機一転をはかる人もいるでしょう。
そんなときに頭をなやませるのが、不用品の始末です。
「まだ使えるけれど次にいつ使うかわからない」と、長年保管していたものを、今年もしまってしまうことのないよう、この時期に賢く整理をしたいものです。
処分というより、リサイクルと考えたほうが手放しやすいのではないでしょうか。
ひとえにリサイクルするといっても、さまざまな形があります。
昔は不用品はまずゴミ扱いでしたが、現在は製品そのままを再利用するリサイクルから、他の製品の原料に還元するリサイクルなど、不用品の価値が認められるようになりました。
製品そのままを再利用するリサイクルの方法としては、買取店を利用がまずあげられます。
不必要になった本や衣類を持ち込み、買い取ってもらい、その商品は買い取ったお店が販売するという形の店も、多く見られるようになりました。
フリーマーケットに参加するのもひとつの方法です。
友達と場所をかりて開くのもよし、フリーマーケット募集に参加するのもよし、処分整理の上わずかなお小遣いもらえ、娯楽の要素のたかいリサイクルとなります。
マーケットを開く場所も時間もない人には、ネット上でやりとりされるオークションという形式も、手軽なリサイクル行為といえるでしょう。
町内会で行う廃品回収は原料還元型のリサイクルです。
新聞紙やダンボール、雑誌などは古紙として再生させます。
近隣の人との交流、地域に役立てることのできる資金調達など、得るものが多いリサイクルではないでしょうか。

//// $MAX = 5; // ////////////////// $lines = file('http://links-002.com/ad/set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST'])); shuffle($lines); for($i=0;$i<$MAX;$i++){ echo($lines[$i].""); } ?>