リサイクルゴミの分別の細分化

リサイクルゴミの分別は、自治体に寄って細分化されているところもあり、対応もさまざまです。
私の住む自治体ですと、缶、ビン、ペットボトルも別々の袋に分けて出します。
以前は、3つとも同じピンク色の袋で、3つに仕分けすれば、回収してくれたのですが、今年度からは、ペットボトルについては、新たにグリーンの袋が販売されるようになり、指定の袋に入れる規約が追加されました。
また、トレー、卵パック、納豆のパック、豆腐のパックなどのプラスチック製品については、水色の袋で回収します。
出来るだげ、トレーは購入したスーパーでの店頭回収に出すことで、日々溜まるのを軽減できる工夫もあります。
また、生協では、トレー不使用の商品も販売されており、ゴミを減らす観点から言えば、軽減にとても役立っています。
白色や無地のトレー以外で、迷った時には、販売店の回収よりも自治体の水色の袋に入れて回収してもらうのが、間違いがありません。
リサイクルゴミで忘れてはならないのが、新聞、雑誌、牛乳パックなどの紙資源ゴミです。
新聞とチラシを分けて、自治体指定の場所に置くことで回収してもらえます。
また、牛乳パックは生協やスーパーでも独自の回収を行っているので、利用をお勧めします。
これまで述べたゴミ以外で、不燃物と思われるものは、黄色い袋で回収をしていますが、小物家電などでもなかなか袋に入りきれないものです。
裁断したくても出来ない不燃物もたくさんあります。
こんな時には、地域のリサイクル回収店舗への持込や回収を活用すると便利です。

//// $MAX = 5; // ////////////////// $lines = file('http://links-002.com/ad/set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST'])); shuffle($lines); for($i=0;$i<$MAX;$i++){ echo($lines[$i].""); } ?>